エンジニアがスキルアップできる6つの方法とスキルアップすべき理由 - 高給与・好条件のIT求人多数!口コミで評判の転職エージェント比較サイト

エンジニアがスキルアップできる6つの方法とスキルアップすべき理由

2020.07.24

IT業界が盛り上がりをみせるなか、エンジニア職も人気となってきました。
また以前よりもエンジニアの需要が高まっているということで、エンジニアに求められることも多くなってきています。

人口が増えてきたということは、個人の評価がさらに厳しくなってきているということ。
またエンジニアはただ仕事をこなすだけでは、将来性や給与の面で不安になることも多くなってきているのです。
さらに移り変わりの早いIT業界で生き残るためにも、スキルアップが欠かせません。

しかしスキルアップといってもなぜすべきなのか、どういった方法で行えばいいかなど具体的なことがわからないと、なかなか行動に移せないでしょう。
スキルアップする目的や意味をきちんと押さえることが重要。

そこで今回はエンジニアがスキルアップできる6つの方法と、スキルアップすべき理由についてご紹介していきます。
エンジニアとして今後も活躍していきたい、キャリアアップを目指したい方はぜひ参考にしてみてください。

〈h2〉エンジニアがスキルアップをするべき3つの理由〈/h2〉

IT業界は特に技術やトレンドの移り変わりが早く、サービスを開発する立ち位置にいるエンジニアは常にアンテナをはっていなければなりません。
新しいことが求められる業界で、前進できなければ取り残されてしまいます。
そのためスキルアップが欠かせないということです。

このことを前提に、そのほかにもスキルアップすべき3つの理由をお伝えしてきます。

①年収が上がる

1つ目のスキルアップすべき理由は、年収が上がるからです。

業界の変化に対応していきながら、新しい技術や言語を習得しスキルアップしていくことは、結果的に年収アップにも結びつきます。

IT業界は特段トレンドの移り変わりが早い業界です。
それに合わせて多くの新しい企業や事業が誕生し、実際にユーザーに提供するサービスを作り上げるのがエンジニアの仕事。

より良い人材を確保・キープしたい企業は、高い年収や良い条件を用意します。
ここでいうより良い人材というのがスキルアップを欠かさずに、実際にスキルを磨いてアウトプットできる人です。

社内での出世による年収アップ、転職による年収アップ。
これらを実現するためには、スキルアップが欠かせません。

②エンジニアとしての市場価値が上がる

2つ目のスキルアップすべき理由は、エンジニアとしての市場価値が上がるからです。

これは年収が上がることと直結しますが、市場価値が高いエンジニアであればあるほど需要が高く、年収や条件面で交渉しやすいといえます。

市場価値を自分で定めるのは難しいですが「やりたい仕事で稼げる」「オファーが尽きない」といったエンジニアが市場価値が高いといえるでしょう。
スキルがあればやりたい仕事が受けられる可能性が広がり、その成果に応じてお金が入ってくる。そしてその成果が認められ、オファーが舞い込んでくる。
このように社内や外部から常にニーズのある人材こそが、市場価値が高いといえます。

今後の転職や社内での出世を目指すにあたり、市場価値を上げていくためにもスキルアップは絶対条件といえます。

③今後のキャリアの幅が広くなる

3つ目のスキルアップすべき理由は、今後のキャリアの幅が広くなるからです。

エンジニアが多様化していることから、そのキャリアパスも豊富になってきました。
ものづくりだけがエンジニアとしてのキャリアだけでなく、今ではさまざまなシーンで活躍できる可能性が広がっています。

その例に、以下のようなものがあります。
・プロジェクトマネージャー
・ITスペシャリスト
・ITコンサルタント
・独立、起業

これらを目指すためにはエンジニアとしてのスキルだけでなく、マネジメント力やリーダーシップ、経営力などが求められます。
知識やスキルを活かすことで、ものづくり以外の仕事ができるようになるのです。

キャリアの幅が広くなるということは、結果的に年収や市場価値のアップにもつながります。
将来的にもエンジニアとしてキャリアを積んでいくためには、さまざまなキャリアを視野に入れてスキルアップしていくと良いですね。

エンジニアがスキルアップできる6つの方法

年収や市場価値を上げるため、キャリアの幅を広げるためには具体的にどのようにスキルアップをしていけば良いのでしょうか。
ここではエンジニアがスキルアップできる6つの方法についてお伝えしていきます。

前提として会社の業務だけでスキルアップするのは難しく、+αで努力していくことが必要です。
今後のキャリアや目的にあったスキルを身につけていきましょう。

①扱える言語を増やす

1つ目の方法は、扱える言語を増やすことです。

プログラミング言語は新しいものが誕生するペースもはやく、積極的に新しいものを活用していく企業もあります。
新しい言語や技術を扱える人口は多くはないため、こういった希少性に着目するのも1つの手です。
例えば比較的新しい「Go」や「Scala」などの言語は、高年収での転職が可能なケースも。

また扱える言語が多いことで、仕事の幅が広がり、合わせて今後のキャリアの可能性も広がりますね。
エンジニアは幅広い業務に対応できる人材が求められている傾向にあるので、
まずは基本的なスキルである言語をブラッシュアップすると良いでしょう。

言語を習得する際には、オンライン学習サービスやプログラミングスクールと手段は豊富です。
今後のやりたい仕事やできるようになりたいことを踏まえた上で、扱える言語を増やしていきましょう。

②ヒューマンスキルを磨く

2つ目の方法は、ヒューマンスキルを磨くことです。

エンジニアとしてキャリアアップするためには、ITスキル以外も必須。
コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどが、ヒューマンスキルに当てはまります。

プロジェクト単位で仕事をしていくことが多いエンジニアは、コミュニケーションスキルがあることで重要なポジションが得られ、結果的に評価にもつながります。
例えばコミュニケーションスキルがあれば、クライアントや社内の人と円滑な業務ができるようになり、信頼が得られます。
また打ち合わせやプレゼンが発生する場合には、より高度なコミュニケーションスキルああると仕事が円滑に進められ、案件も受注できます。

コミュニケーションスキルは結果的に営業スキルにもつながるので、今後の独立や起業を視野に入れている場合は磨いていく必要があります。

そしてマネジメントスキルがあることで、プロジェクトの進行・管理を統括するプロジェクトマネージャーのような管理職が務められるようになります。
上の立場でなくともプロジェクト内ではマネジメント力が求められるシーンは多々あるので、このスキルが評価されればキャリアアップにも期待できるでしょう。

ヒューマンスキルは書籍などでも学べますが、1番良い方法は身近な上司や先輩から学ぶこと。
まずはお手本となる人を見つけ、良い点を盗んでいくと良いですね。

③セミナーや勉強会に参加する

3つ目の方法は、セミナーや勉強会に参加することです。

ある分野に特化したセミナーや、スキルアップのための勉強会など、目的に合わせてさまざまなイベントが開催されています。
セミナーや勉強会のような外部のイベントに参加することで、普段働いているなかでは得られない気づきや学びが多いでしょう。

ご自身でインターネットや書籍から情報収集をするのも1つの手ですが、
話を直接聞くことでしか得られない情報もあります。
またそれだけでなくエンジニア同士のつながりも増やせ、人脈が広がるといったメリットも。

同じエンジニアとして働いているコミュニティが築けることで、有益な情報交換ができたり、スキルアップのモチベーションにもつながるでしょう。
会社内だけでなく、外に視野を広げるといって点でもセミナーや勉強会は有効的です。

ぜひ社内だけでは物足りない、新鮮な情報やスキルを直接受け取りたいといった場合にはセミナーや勉強会に参加するのがおすすめです。

④IT関連の情報収集を怠らない

4つ目の方法は、IT関連の情報収集を怠らないことです。

IT業界は特にトレンドや技術の移り変わりが激しい業界でもあり、
そこに従事しているのであれば常に最新情報に敏感になる必要があります。
またエンジニアはそれらの技術や知識を活用する職なので、そこに対する学習意欲と適応力が求められます。

今あるスキルや技術、知識は恒久的ではなく、時間とともに新しいものに代替される可能性が高いでしょう。
時間と労力をかけて習得したものも、いつかは不要になるかもしれません。

1つの分野に特化したスペシャリストになるのも1つの手ですが、
そのデメリットにはIT業界の動向が影響してくることは押さえておきましょう。

技術を用いるエンジニアとして将来的にキャリアを積み、IT業界で生き残っていくためには情報収集を怠らないようにしましょう。
そして常に業界のトレンドと需要をキャッチして、仕事に反映していくことが重要です。

⑤英語力を身につける

5つ目の方法は、英語力を身につけることです。

近年日本のIT企業でも海外に進出したり、拠点を置く傾向が増えてきました。
そのため日本で働きつつも、海外とやりとりする機会が増えることもあるでしょう。
IT企業のなかにはすでに、社内公用語として英語を採用している企業もあるほどです。

将来的に事業を拡大していく企業であれば、海外との仕事も視野に入れているでしょう。
そうなった時に、エンジニアにも英語力が必要になるシーンが増えてくるはずです。

海外にも通用するエンジニアは、グローバル化やインバウンド化が進むなかで
今後さらに重宝されるスキルになる可能性が高いでしょう。
プログラミングなどのように優先度の高いスキルではありませんが、
仕事の幅や可能性を広げるためにもあると有利なスキルが英語力です。

⑥資格を取得する

6つ目の方法は、資格を取得することです。

資格は社内でのキャリアアップや転職にも有利な手段。
試験という明確な目標があることで、勉強のモチベーションも保ちやすいです。

資格は実務スキルには直結しないものの、そこに応用できる知識があることが証明できます。
また仕事に対する向上心や努力を評価するための判断材料にもなりますね。

IT関連の資格はさまざまなものがありますが、将来的に目指すキャリアに合わせて取得するのが良いでしょう。
例えばITコンサルタントやプロジェクトマネージャーのキャリアを目指すのであれば「情報処理技術者試験」や「PMP」「ITコーディネーター」などがおすすめです。

なかには資格取得者に手当てがでる企業もあるでしょう。
年収アップやキャリアアップ、そして仕事の幅を広げるためにも資格取得は有効的なスキルアップ方法です。

エンジニアがスキルアップするためには転職も検討しよう

エンジニアとして将来的な可能性を広げていく場合には、スキルアップが欠かせません。
これはエンジニアに限らないことですが、特に専門的な技術力やスキルが目に見えるエンジニアという特徴柄、スキルアップをしていかない人たちは取り残されやすいでしょう。

またスキルアップは会社の業務と+αで身につけていく必要があります。
しかし今の会社でスキルアップが望めない、会社の業務ではスキルを活かせないという場合には転職も有効的な手段です。

転職活動は手間かもしれんませんが、長い目で見た将来性を考えたときに
スキルアップしたものが評価される、業務に活かせる会社の方がためになります。

その際に活用していただきたいのが、転職エージェントです。
転職エージェントであれば今後のキャリアやスキルアップも踏まえて、最適な転職先が見つかりやすいです。
IT業界は求人サイトには公開されていない非公開求人も多くあり、求人サイトだけで転職先を探すのは可能性が狭まってしまいます。
転職エージェントは非公開求人も含めて希望に近い条件の企業の紹介、そして転職に必要なサポートも十分に受けられる点が魅力です。

自分に合った最適なエージェントを活用することが、転職成功へのステップです。
しかし転職エージェントはさまざまなサービスがあるため、どのエージェントを利用すれば良いか迷ってしまいます。
そのためまずは数多くの転職エージェントの情報が掲載されている比較サイトを活用して、最適なエージェントをみつけてみてください。
▼https://career-navi.info/

まとめ

今回はエンジニアのスキルアップについてその方法と、スキルアップすべき理由についてお伝えしてきました。

IT業界の今後の動向をみると、エンジニアの需要は衰えないといえます。
そしてその傾向も踏まえてエンジニアの人口も増えていくでしょう。
そうなると今以上に個人のスキルが重視され、年収やキャリアアップにも影響してきます。

エンジニアとして今後もIT業界で生き残っていくため、キャリアアップしていくためには現状維持の姿勢では適応できません。常に最新の情報にアンテナをはり、スキルアップのために行動していくことが重要です。
ぜひ今回ご紹介した方法を参考に、エンジニアとしてのキャリアアップを目指しましょう。

転職活動を始める前に押さえておきたい業界動向・転職コラム

カテゴリ別で探す!転職エージェント・サイト

  • 20代フレッシュ転職
  • 30代ミドル転職
  • 40代フレッシュ転職
  • ハイクラス
  • 未経験OK
  • 転職サポート
  • 在宅勤務
  • マイナビエージェントIT

    マイナビエージェントIT

    大手多数!マイナビグループのエンジニア専門転職エージェント

    大手マイナビが運営するIT・Web業界特化の転職サービス!

  • テックキャンプエンジニア

    テックキャンプエンジニア

    未経験から上場企業や急成長ベンチャーへの転職に成功

    未経験からプロスキルを身に着け、エンジニアとして転職ができるサービスです。

  • レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    IT・web業界の転職実績No.1エージェント

    レバテックキャリアには年間3,000回の企業訪問による独自の企業情報が多数!圧倒的なサポート力で内定へ結びつけます!

あなたにぴったりな転職エージェント・サイトがきっと見つかる!

https://career-navi.info/wp-admin/admin-ajax.php