【SEに転職したい】未経験でも可能?業務内容や必要なスキルとは - 高給与・好条件のIT求人多数!口コミで評判の転職エージェント比較サイト

【SEに転職したい】未経験でも可能?業務内容や必要なスキルとは

2020.07.24

IT業界の需要の高まり、そしてそれに伴うエンジニアの人材不足により
なかでも特にシステムエンジニア(SE)のニーズは高い状況です。

エンジニアの花形職種、そして将来性もあるSEを目指す方も増えています。
専門色の強い業種でありながらも、未経験からでの転職も可能なSE。
これからSEを目指したいという方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はSEに転職にしたい方に向けて
SEの業務内容や必要なスキル、そして転職に必要なことについてご紹介していきます。
未経験から、または異業種エンジニアからSEへの転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

SEに転職したい!SEの業務内容や年収は?

SEに転職するにあたり、SEは具体的にどういった仕事をするのか、年収はどれくらいなのかは気になるポイントですよね。
また合わせて押さえておきたい、プログラマーとの違いについてもお伝えしていきます。

SEとは

SEとはシステムエンジニアのことで、ITに関わるシステム業務を担うエンジニア 。
どんなサービスもシステムが構築されていないと機能せず、SEがいるからこそ世の中のサービスが享受できるのです。

システム開発の工程は幅広く、SEの中でも担当業務が分担される場合もあります。
しかし幅広い知識を求められるので、対応領域に合わせて必要な知識を常につけていかなければなりません。

またシステムはとても専門的な分野なので、SEとして働き始めてからも多くのことを学ぶ姿勢が求められます。

SEとして入社した後にキャリアが分岐して、さらに細かいエンジニア区分がなされる場合があります。
そしてSEは主に以下の3種類に分けられます。

・アプリケーションエンジニア (サーバーサイドエンジニア )
・サーバーエンジニア
・ネットワークエンジニア

上記それぞれの詳細も後述していますので、参考にしてみてください。

SEの業務内容

SEのメイン業務はシステムを開発することです。

エンジニアが属する企業によってクライアントのシステムを担当するか、自社のシステムを担当するかは異なってきます。
自社開発サービスを持つWeb系企業に勤めるSEであれば、自社のシステムのみの業務を遂行。
クライアント企業から依頼を受ける際は、クライアントの要望に沿ったシステムを提案し開発していきます。

そしてSEの対応する業務工程の幅は広く、主な業務の流れは以下のようになります。

①ヒアリング/要件定義
クライアントや自社のサービスにおける必要なシステムの洗い出し。提案。

②基本設計/詳細設計
提案した仕様書に沿って、システムを設計する

③開発
設計をもとにプログラミングを用いて、実際に運用していくシステムを開発する

④テスト
開発したシステムが正常に動作するかを確認

⑤納品
クライアントにシステムを受け渡し、最終確認をする

⑥運用/保守
システムの運用、障害時の保守を担当

SEは一連の業務工程をプロジェクト単位で動いていきます。
業務内容は多岐に渡りますが、全体的なプロジェクトをまとめる管理業務も含まれます。
特にクライアントに向けてシステムを開発する場合にはプレゼンテーションや売上管理などの営業的な業務も担当。
自社サービスのSEであれば、運用や保守をメインに担当していきます。

業務工程によってどこを担当するかにより、求められるスキルや知識も異なってきますが
全体的に対応できるSEを目指すことが理想です。

SEの年収の相場

SEの年収の相場は、およそ400〜600万円。
勤めている企業や個人のスキル、経験によってもその年収には幅があります。

しかし専門的な業種であり、参入のハードルも高いことから
給与が高めに設定されていることも多いです。

また残業が多いことも、年収が高い傾向の理由の1つでしょう。
全ての業務が順調に進むとは限らず、納期近くになると残業が増える傾向にあります。
システムを扱うのは手間がかかる分、こういった状況があることも押さえておきましょう。

SEとプログラマーの違いとは?

エンジニアの分類は幅広いですが、一般的にイメージされているのはプログラミング言語をメインに扱うプログラマーでしょう。
SEもプログラミングを扱いますが、プログラマーとは異なります。

SEはクライアントや自社の要望によって、必要なシステムを開発するための設計をすることが主な仕事。
一方でプログラマーは、その設計に基づいて実際にシステムを作り上げることが主な仕事です。
SEが家を設計する「建築士」で、プログラマーが家を立てる「大工」といったイメージがわかりやすいでしょう。
なかにはプログラマーを兼任できるSEもいるため、個人のスキルによって対応の幅は広がります。

未経験や異業種からでもSEへの転職はできる!転職に必要なことは?

未経験、または異業種エンジニアからでもSEへの転職は可能です。
未経験可の求人も多くありますが、これはあくまで実務が未経験ということであって必要となる前提知識は求められます。

そのためここでは、SEへ転職するために必要な2つのことをご紹介いたします。

IT知識をつける

1つ目に必要なことは、IT知識をつけることです。

システムを開発する業務に関わるにあたり、システムに関するIT知識は必須。
晴れてSEとなったのちにも、新しい技術や知識は増えていくIT業界では常に勉強し続けいていくことが求められます。

また知識習得に役立つものとして資格取得があります。
転職前に取得しておくことで、未取得者よりも有利になる場合が多いでしょう。
また資格は、SEとなったのちにもスキルアップやキャリアアップに必要なので取得が推奨されています。

実務スキルに直結するものではありませんが、業務をする上で必要な前提知識があることを証明できます。
取得におすすめなのは、以下のような資格です。

・ITパスポート
ITに関する基礎的知識があることが証明できる国家資格です。
特に全くの未経験からSEを目指す場合には、難易度的におすすめ。
次でご紹介する「基本情報技術者試験」における、最も簡単なランクの試験です。

・基本情報技術者試験
ITエンジニアの基礎教養が詰まった国家資格といえば基本情報技術者試験です。
こちらも国家資格となり、エンジニアに必要な技術的知識やプロジェクトマネジメント、経営知識など幅広い知識が習得できます。

資格試験という目標に向けて勉強ができれば、効率的に学習できるでしょう。
転職時により有利になるようにも、資格取得はおすすめのIT知識の付け方です。

SEに必要なスキルを身につける

2つ目に必要なことは、SEに必要なスキルを身につけることです。

SEに求められる主なスキルは以下の通り。
・コミュニケーション能力
・マネジメント力
・ITや業界知識
・プログラミングスキル

次でそれぞれを詳しくご説明いたしますが、
技術力だけでなく、ヒューマンスキルも求められるのがSE。
これらはSEとしてキャリアアップしていくためにも必要なスキルです。

SEになるために必要な4つのスキルとは

ではSEになるために必要な4つのスキルについて、詳しくお伝えしていきます。

①コミュニケーション能力

1つ目は、コミュニケーション能力です。

システムを開発するにあたり、ヒアリングや提案が発生します。
ここではクライアントのニーズをくみ取り、わかりやすく説明する力が求められます。
またクライアンの課題に対する、解決策や改善案を論理的に提示して説明しなければなりません。

さらに業務を進めるにあたり、クライアントへの作業報告や営業交渉、
そしてプロジェクトチームとも円滑なコミュニケーションを図る必要があります。
各方面とのコミュニケーションが発生するため、業務をスムーズに進行し
クオリティの高いシステムを完成させるためにも必要なスキルです。

②マネジメント力

2つ目は、マネジメント力です。

プロジェクトで動いていくにあたり、SEは全体的なマネジメントをしていかなければなりません。
各工程での指示、リスク管理、そして納期に遅れないためのスケジュール管理など。
問題なく納品するためには、チームメンバーをうまくマネジメントする必要があります。

人の上に立って指示・管理ができるマネジメント力もSEには欠かせません。
この点SEは技術職だけでなく、ディレクター職の色も強いということがわかります。

③ITや業界知識

3つ目は、ITや業界知識です。

システムに関連するネットワークやサーバー等の情報処理知識はもちろん必須ですが、
クライアントの要望に沿ったシステムを開発するためにはその業界の知識もあると良いでしょう。

例えば金融業界におけるシステム開発を依頼された場合には
金融業界における必要なシステムや課題となりそうなポイントを踏まえてヒアリングや提案ができます。
このような業界知識があると、クライアントとの信頼関係も築きやすいのです。

なかにはそういった業界知識を活かしてSEになる方もいます。

IT知識は業務を行なっていく上でさらに培っていったり、資格取得を目指すと良いでしょう。
業界知識についてはインターネット上でも収集できるので、クライアントと会う前に押さえておくクセをつけると信頼が得られます。

④プログラミングスキル

4つ目は、プログラミングスキルです。

プログラムを書かないディレクション業務がメインとなるなか、プログラミングスキルがあることでSEとして以下のようなメリットがあります。

・開発業務を円滑に進められる
・クライアントからの信頼を得られる
・エンジニアとして幅広いキャリアパスが実現できる

SEの中にもプログラマー寄りの人もいれば、プログラミングはプログラマーに完全委任といった人もいます。
しかしながら最低限のプログラミングスキルがないと、クライアントやチームでのコミュニケーションが円滑に進まない事態も考えられます。

また未経験からSEを目指す際には、プログラマーからのキャリアスタートもあります。
そのためまずは業務に必要とされる最低限のスキルがあることで、転職にも有利になるでしょう。

SE種別に必要なスキルと業務内容

SEのメイン業務はシステム開発におけるディレクション業務です。
しかしSEとしてキャリアを積んでいくにあたり、各専門分野に特化したSEに分岐することもあります。

ここでSEに分類される3つのエンジニアについて、それぞれに必要なスキルや業務内容もお伝えしていきます。

アプリケーションエンジニア(サーバーサイドエンジニア)

アプリケーションエンジニアは、別名サーバーサイドエンジニアとも呼ばれます。
アプリケーション開発やサーバー側で動作するプログラム開発、データ処理に携わり、SEの中でもプログラマー寄りの業種になります。

開発言語にはJavaやPHPなどさまざまなものがあり、開発環境に応じて必要なプログラミングスキルを持つエンジニアがプロジェクトにアサインされます。

アプリケーションエンジニアは主に設計に沿って開発するため、プログラミングスキルが必須となります。
クライアントの要望かつ設計通りのシステムを開発するためにも、その実力が問われます。
またシステムに障害が起こった際にも解決しなければならないので、幅広い知識も求められます。

しかしながら開発だけでなく、要件定義・設計・テスト・運用・保守と対応領域は幅広いです。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、システムの中でもサーバーに特化したエンジニアです。
サーバーとはインターネットを通して情報を伝達するための中間地点となり、情報管理や加工などを行う領域です。

さまざまなシステムはサーバー上で稼働するため、システムの土台となる重要な基盤。
特に最近ではクラウドによるサーバーが多くなっており、サーバーエンジニアに求められるスキルもレベルアップしています。

サーバーエンジニアは主にサーバーの設計・構築・運用・保守に関する業務を担当。
「設計・構築」工程ではサーバーやOSの基礎知識、そしてセキュリティ設定に関するスキルが求められます。

また「運用・保守」ではOSや管理ツールの運用スキル、そして業務を効率的に進める上ではプログラミングスキルもあると良いです。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、システムの中でもネットワークに特化したエンジニアです。
サービスやシステムを運用するにあたり、通信に必要なネットワークはサーバー同様にシステムの土台となります。

そしてその業務工程もサーバーエンジニアと同じく、設計・構築・運用・保守がメイン。
「設計・構築」ではサービスの規模に合わせた最適なネットワークの設計、そして構築では機器や回線に関する設置の知識が求められます。
「運用・保守」ではネットワークの管理や障害の分析・管理などを行うスキルが必要です。

ネットワークはサーバー同様、障害が起こりやすい領域でもあるので
迅速に原因が究明できるためにも、幅広い知識を持ち合わせていなければなりません。

まとめ

今回はSEに転職したい方に向けて、その業務内容や必要なスキルについてお伝えしてきました。

IT業界の根幹を担うシステムを担当するSEの需要は、今後も衰えることはないでしょう。
そのため未経験や異業種エンジニアからでも、十分に転職は可能です。
将来性だけでなく、プログラミングスキルなどをつけることで、エンジニアとしての幅広いキャリアにも期待できます。
知識だけでなく実務をこなして身につくスキルも多いこと、そしてIT業界の平均年齢が若い傾向にある点からみても、転職はできる限り早いうちにすると良いでしょう。

そして転職を成功させるためにも、IT業界やエンジニア転職に特化した転職エージェントを活用してみてください。
転職エージェントは希望の条件に近い企業、そして求人サイトにはない非公開求人を豊富に紹介してくれます。またそれだけなく、転職に必要なサポートも細かく対応してくれる点が魅力的です。
転職エージェントはさまざまなサービスがあり、特徴やサポート内容も異なります。そのため比較しながら、自分にあった最適な転職エージェントを活用することが成功のためのポイントです。

数多くの転職エージェントの中から、最適なものを効率的に見つけられるようにも
比較サイトを活用してみてください。
▼https://career-navi.info/

転職活動を始める前に押さえておきたい業界動向・転職コラム

カテゴリ別で探す!転職エージェント・サイト

  • 20代フレッシュ転職
  • 30代ミドル転職
  • 40代フレッシュ転職
  • ハイクラス
  • 未経験OK
  • 転職サポート
  • 在宅勤務
  • マイナビエージェントIT

    マイナビエージェントIT

    大手多数!マイナビグループのエンジニア専門転職エージェント

    大手マイナビが運営するIT・Web業界特化の転職サービス!

  • テックキャンプエンジニア

    テックキャンプエンジニア

    未経験から上場企業や急成長ベンチャーへの転職に成功

    未経験からプロスキルを身に着け、エンジニアとして転職ができるサービスです。

  • レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    IT・web業界の転職実績No.1エージェント

    レバテックキャリアには年間3,000回の企業訪問による独自の企業情報が多数!圧倒的なサポート力で内定へ結びつけます!

あなたにぴったりな転職エージェント・サイトがきっと見つかる!

https://career-navi.info/wp-admin/admin-ajax.php